成年後見援助の対象

次のような事情により困っておられる方は、成年後見援助相談をご利用ください。

最近、離れて暮らす親の認知症が進んできたので、ケア付有料老人ホームに入居させたいと考えています。その手続きと財産管理をしてほしいと思っています。

認知症が進み、財産管理ができなくなっていると思われる独居老人の親族です。見知らぬ人が出入りしている様子もあり、不安です。成年後見の援助を受けるにはどうしたらいいでしょうか。

障がいのある子どもと暮らしています。将来、子どもの世話が出来なくなったときのことが心配です。





成年後見援助の相談のメリット 1 

後見人候補者を探さずにすみます。 候補者は、調停委員・参与員・社会福祉士・不動産鑑定士・税理士等の資格を有する、名古屋ファミリー相談室の会員の中から適任者を推薦します。

名古屋ファミリー相談室は、元家庭裁判所調査官等が中心となって設立した公益法人で、 家庭裁判所との連携もとりやすく、成年後見事務をスムーズに進めることができます。





成年後見援助の相談のメリット 2 

名古屋ファミリー相談室は、「任意後見制度」にも積極的に取り組んでいます。 「いまは元気だけど、将来のことがなにかと心配になる」という方で判断能力に自信がなくなったときに備える制度です。 任意後見人には身近な人でもなれますが、名古屋ファミリー相談室の会員の中からも、ふさわしい人を推薦できます。

名古屋ファミリー相談室では、元裁判官・弁護士・元家庭裁判所調査官・大学教授・医師・司法書士・税理士・不動産鑑定士・社会福祉士・精神保健福祉士等の専門職の方々のサポート体制が整っています。





利用方法

まずはお電話にてお問い合わせください。

面接日時等については、追って成年後見担当者からご連絡させていただきます。





相談料

相談料として60分 5,000円をいただきます。